社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

《1986年11月30日のノート》

 
ニーチェを読んで、一夜明けると、僕はニーチェ主義者になっていた。

健康は価値あるものだとニーチェが言う。至極当たり前のようだが、ニーチェが言うとその趣は一転する。健康は不健康を差別する。それが〈自然〉だとニーチェが言えば、健康において劣る者は差別されて当たり前のように聞こえる。知里真志保は〈自然〉の民たる〈アイヌ〉の健康健全だった事を言うが、ならばどうして〈アイヌ〉は和人に差別され追いやられたのか。デズモンド・モリスは面白いが、敗れ弱った民族を正当な人類の進歩から外れたものとして顧みない。

結局〈自然に帰れ〉式の甘ったれた〈自然〉は、ニーチェが笑うような奴隷根性を本能とする畜群の都合のよい偏狭な概念なのであって、本当の〈自然〉はそれとは全く別の相貌を持っているという事なのか。
だからといって、和人の〈自然観〉の方が〈アイヌ〉のそれより正しいと言うのではない。屯田開拓を記念する碑、その背後に隠された〈アイヌ〉の歴史。開拓者が闘おうとした〈自然〉、〈アイヌ〉が共に生きようとした〈自然〉、しかし〈真の自然〉は、そのどちらからも遠く隔たっているのかもしれない。

〈自然〉を制して勝ち誇っているような屯田の歴史も、いつか強烈に覆されるのか。だとしても〈自然〉から反撃されてそうなるのではない。だいたい〈人間対自然〉などあり得ない。人間がこうしている事、それもまた〈自然〉なのだ。巨大な〈自然〉の測り知れぬ営みの中の一部なのだ。いつか人間はそれに気づかされる時が来る。楽観的たろうとする意志に反して気づかざるを得なくなる。

同じように、〈自然〉に帰るというのも無理な話なのだ。人間が〈自然〉以外であるはずなどないのだから。だが祈る事は出来る。というより、祈る事しか出来ないのだ。その意味で〈アイヌ〉の〈自然観〉は屯田のそれよりもはるかに〈真の自然〉を捉えているという事か。〈アイヌ〉の〈自然〉に対する祈りも、今や昔のままではないとしても……。そして、ああ、そしてやはりこれなのだが、僕は無関係なこの頭痛に悩まされる。祈ってこの頭痛が止むのなら、いくらでも祈ってやる。

またニーチェが笑う。超人は何に対しても決して祈る事をしない者なのだと。
(1986/11/30)
スポンサーサイト
 

《1986年11月29日のノート》

 
《東広島市では交通事故を禁止します》
おもしろい立て看板だと思った。また、書き始めようと思った。例の頭痛が来ないうちに、本が読めるうちに。
僕は書かれた文字にしか反応しない。現実に反応する事があるとすれば、あの頭痛くらいなものだ。だから読書が丁度良い。読書をとるにたらぬ休養と言い切る超人ニーチェとは雲泥の差、畜群の一頭たる僕には読書が必要なのだ。だが、それも頭痛がすると読めなくなる。そして読書から遠ざかる。まるで深淵から遠ざかってしまうかのように大袈裟に思いなして。そして無反応になる。植物人間になる。
なるべく反応しないことがニーチェにとっては偉大な利己主義だとしても、あやふやな〈己れ〉しか持ち合わせぬこの僕が、何ものにも反応しなくなれば、それは唯の木偶だ。木偶が木偶から脱する為には、ともかく反応せねばならない。反応できるなら何でもかまわぬが、頭痛より書物の方がちっとはましだろう。それで〈己れ〉らしきものをノートに書き付ける事ができるなら尚更である。
あ……、その矢先の頭痛なのだ。トクン、と一つ。思えば書こうとしていたこの夏の事も、この頭痛のおかげで結局どこかへ消し飛んじまったのだ。
〈己れを追わんとする遠大な野望も微々たる生理的痛みによって脆くも崩れたり……〉
アホらしい。心理的痛みは書く事によって和らぐが、生理的痛みはいくら書いても一向に消えない。アホらしい。どうやら僕は、ただ心理的痛みを緩和するためにのみ書いていたらしい。酒でも飲めば、心理的苦痛はおろか、生理的苦痛だとしても微かなものならあっさり解消してくれる。つまり〈書く〉とは、飲酒にも劣る自慰行為だったのか。
こう書いていられるのも、さっき一つきただけで、たった今のこの瞬間、頭痛から開放されているからだ。書き続けるのはただ頭痛についてのみだとしても、それでも書かないよりはましだというのだろうか。
もしかすると、僕の〈己れ〉とは〈頭痛〉そのものではないのか。あるいは、〈己れ〉の外部にある、何者かが僕に影響しているのだろうか。
あの苦しかった日々より、今の状態の方がずっと悪い……。ああ、また〈あいつ〉がやってきた。もう何をする気にもなれない。何もできない……
(1986/11/29)
プロフィール

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
10 | 1986/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。