社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

《1992年2月26日のノート》

 
切抜きをしようと捨てずに取ってある古新聞が、1年分もたまってしまった。
僕がイライラして女房に当たったりすると、どういうわけか、「バスノ ジカン ダヨ」と、片言のモリが呟く。モリ(森)とは長男の名、すでに2歳。

〈親があっても子は育つ〉

「マザー・グース」によると、息子というものは、首をくくるか、おぼれるか、どこかにいなくなっちまうか、みっつにひとつしかないらしい。

7日に生まれた長女の名前は「南知」。「なちる」と読む。「太郎」と書いて「ハナコ」と読ませてもかまわないというのだから、日本とは妙な国だ。
(1992/2/26)
スポンサーサイト
プロフィール

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
01 | 1992/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。