社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

《1995年2月3日のノート》

 
昨日の節分のこと。

手にはめたピンクのビニール手袋は食器洗いの時に使うもの、毛糸で編まれた茶色のショールを身にまとい、トイレットペーパーの芯で作った角一本と赤鬼のお面を貼りつけた紙袋、目のところに穴を開け、そいつを被れば準備完了。幼い子供たちと従兄弟ふたり、楽しい豆まきの真っ最中、そこへ向かっていざ出陣。突然の鬼の出現に、甥っ子はべそかいて近くの母親にすがりつく。ナチルはいとこの女の子の手を引っ張って、ばあちゃんの部屋へと一目散、しかし畳の隅が行き止まり、行き場が無くてへたり込み、ふたりは寄り添いあって泣き出した。強がっていた一番年上のモリだったが、ちょいとにらんでやったら情けない、豆、放っぽり出して逃げ出した。
「こんなもんでいいだろう?」
「はい、ごくろうさん」
狭い書庫の中で、子供たちに見つからぬように、かあちゃん手作りの衣装を脱ぐ。
「おいみんな、もうオニはいないぞ、だいじょうぶだぞ」と、モリのいたって真剣な声。どうやら鬼の正体が、父親であったなどとはこれっぽっちも思っちゃいないらしく、鬼の出現を、全く疑ってはいないらしい。
「ナチル、もうオニいないよ、にげちゃったよ、だからもうだいじょうぶだよ、だからもうでておいで」
頼もしい兄の言葉に、こっくり頷いて出てきたナチル、そのままトコトコとかあちゃんのところへ歩み寄り……
「かあちゃん、とうちゃんのオニ、こわかったね」

誰がペテン師?
(1995/2/3)
スポンサーサイト
プロフィール

urashachoo

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
11 | 1995/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。