社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

《1994年の僕を自己解釈する》

 
生きているうちに〈何か〉を残しておきたいと思った。1994年の春のことである。退院して自宅に戻った僕は、まっすぐに書庫へと向かった。薄暗い三畳ほどの小部屋の、将棋倒しの駒のように危なっかしく並べられた本棚。
「どこかに、昔のノートが収まってあるはずだ」
そして一番奥の錆びたスチール製の本棚から、黄ばんだ大学ノートを見つけ出した。

その日から僕は、そのノートに書きなぐられた一字一字を、遺書を認めるかのようにワープロで打ち始めたのである。毎日毎日、何かにとり憑かれたかのように。
やがて僕は、ワープロの文章の冒頭に「前書き」を付け足してみた。〈子供たちへの手紙、そのプロローグ〉という表題つきの「前書き」。

その時から、もう僕は6年も生き延びたのだが、古いノートを新たな〈ノート〉としてテキストデータに起こす作業は、「死」に捉えられて切迫した気持ちが薄れてしまった今も、何故かやめる事ができずにいる。ただ、今の僕は、この〈ノート〉を「子供たちへの手紙」という呪縛から解放してやろうと考えはじめている。
〈ノート〉から、「子供たちへの手紙」という意味合いがなくなったということではない。未完のものに表題をつけることに嫌気がさしたのだ。

そうなのだ、確かに呪縛から解放されたいのだ。どうやら僕は、少しばかり未来があると勘違いできるほどには回復したということらしい。まだまだ総括するには早すぎる。そして急いでいる。今までにはなかったほどに。

僕は〈子供たちへの手紙のプロローグ〉を一括削除しようと考えたのだ。だが、そういうことなのだろうか、僕が削除したいのは「子供たちへの手紙」という「表題」であって、子供たちに向けて「遺書」を残しておきたいと、六年前の僕が切実に思ったという過去の事実を消したいわけではない。

「今」とは、連続した過去の延長にしかない。[A]から[B]へ。何故[B]に到ったのか、その理由は[A]を削除してしまっては見えなくなる。[B]へと向かうことにした必然性を常に自分に納得させること、それは[A]という〈過去〉を削除してしまってはきっと叶わない。「過去」を知らなければ「今」を理解することなど決して出来ない。急いでいるのに、いや急いでいるからこそ過去を捨ててはならないのだ、と思い込んでいる。

削除しようと考えたのは〈プロローグ〉だけではない。「昔のノート」を新しい〈ノート〉に移行しながら、1994年の僕は居たたまれなくなって、いくつかの〈自己解釈〉を〈ノート〉に付け加えてみたのだが、そんな〈自己解釈〉こそ不要な装飾物だと思った。だから、過去だけを語る死んだ〈自己解釈〉のすべてをいったん消去した。そうして、あらためて「昔のノート」を読み返してみた。すると、1994年の僕は消え去り、そして、「昔のノート」に残された「過古」も、ひどく朧であった。

結局、〈自己解釈〉も、〈プロローグ〉と同様に削除しないことに決めた。だがそれは、〈自己解釈〉が「過去の自分」を正しく説明しているからではない。「今」と「未来」が「過去」によって補完されているように、「過去(過古)」もまた、より新しい「過去」によって彩られているものなのだということに気づいたからだ。それは、時代の権力者が歴史の真実を都合よく書き変えてしまうというような話しとは全く無関係な、「過去」と「未来」の区別が無意味となった彼岸の、時間の概念を空間に取り込んだ「想念の森」のことなのである。
(2000/3/24)
スポンサーサイト
プロフィール

urashachoo

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
02 | 2000/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。