FC2ブログ

社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

頗る貴重なスペースを避けて

 
mixiとやらで、時々見つける次の文言。
「管理人様、貴重なスペースお借りいたします。」
頗る気持ちが悪い。
宮武外骨のコミュニティーを検索してみたら、三つも出てきた。 途端に興味が失せた。

戻った部屋で、ブログらしきもの思案中。
苛々している。 だから、過激になっている。

食わしてやらねばならぬものがいる。 猫三匹は多すぎる。
猫にも命があるなんて、口が裂けても父は言わない。食えなくなれば、猫を喰ってでも生き延びてみせる。

顔を顰める子どもたちよ。
おまえたちはエスキモーの犬のことを知っているか。
イオマンテの祭りの意味を知っているか。

南の琉球犬と、北のアイヌ犬は近い種類だと聞かされた。その境遇は同じなのか、違うのか。
支配するもの、攻め来たるものがいなければ、南の国は、人も犬も、豊かな恵みに包まれ、芥子の花に囲まれて、その一生を平穏に過ごせたに違いない。
過去を後悔しても、懐かしんでも始まらない。それが人間だったのだ。
子どもたちよ。君たちは、明日の自分を、どう描こうとしているのか。

だが父は何度でも言った。お前たちが飢えれば、父は三匹の皮を剥ぐ。そういう親を嫌って家を出た。孤独を装い、父である小十郎の思い出とともに、三匹の猫のことを忘れた欺瞞。
かつて、北の洞窟でヒカリゴケが輝き、南のガマで炊く水の中では骸骨のリンが光ったのだという。
今ようやく、父に倣って何度も自問する。イオマンテの祭りの意味を、お前は本当に知っていたのか。

「mixiとやらを管理する会社の担当者様、どこの馬の骸骨なのかは存じませんが、スコブル貴重なスペースと伺って恐縮するやら笑うやら、ならばたくさんお借りするのが憚られ、だいぶ端折ってmixiの日記にしましたが、全文お読みになりたいならば、こちらのブログらしきものまでご足労ください。」
関連記事
ページナビ




ツリータグリスト

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示