社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

健康な人は自分自身を裏切っていく

 
五ヶ月ほど前、mixiの日記とやらでいったい何を書けばいいのかと、つまらぬことを考えていた。そしてこんな文章を書いてみた。

出力と入力のバランスが大幅に崩れている。量的にも、質的にも。ここ数年、仮面だけで生きている。本当の自分に嘘をついて。仮面が、本当の顔に貼りついて剥がれなくなるような恐怖。このまま続けていると、きっと、精神が崩れる。肉体が精神に左右されるものなら、肉体に致命的な変化が起きるのも時間の問題だという気がする。
しばらく、外部との通路を遮断して、隠匿生活を送るのがいいということは分かっているのだが、それを許してくれる者がどれほどいるだろうか。無責任になれるほど人間ができてはいない。今のうちに、なにか手立てを講じないと、きっと、すべてが崩れていく。
てなことを、魔がさして、こんなところで「出力」すること自体が、崩れ始めている証拠らしい。

そして、最後に「覚書」と付記した。
嘘を書いたわけではない。しかし、なんでこんなことを書いたのだろう。何か戦略でもあったのだろうか。それはない。たぶん本当に崩れ始めていたのだろう。
すると、「心配です。5月が影響しているのでは」なんて、いたって健康的なコメントを頂いた。これがいやだから、僕はこの「社長とは呼ばないで」を、コメントなど付けられないようにしているのだ。
貰ったコメントには返事するのが礼儀らしく、だから僕は……
「何が嫌いって宣伝が大嫌い、それをしなければならないというのが一番の原因かもしれません。厚顔無恥の自分を眺めるのは、なんとも苦痛です。もっと軽やかに素敵に生きたいのだけれども、なかなか難しい」
と、さも尤もらしい反応をしてみたのだが、そうしたら途端に崩れているなんて嘘っぱちになっちまった。まるで心配されたいからダダをこねていたみたいではないか。

さらに……
「仮面をつけていらっしゃるのですか? 素敵・・・」
こっちのほうが断然うれしい。しかし……
「ここでは仮面を外すといいですよ。どんどん出力しましょう」
いやいや、それは出来ぬ相談。ちょいと踏み込み過ぎです。

そこでちょいとズラしてこう答えてみた。

考えてみれば、人間の顔なんて全て仮面なのかもしれません。問題は、さまざまな理由で出力しなければならない場面が増えて、気に入らない仮面も被らなければならなくなったということのようです。でも、そうしなければ支えられないものもある。また一方で、そのことによって壊したくないものが壊れていくこともある。どちらを選ぶかに正解は無いはずですが、どうやら僕は、近しい人間に評判の悪い選択をしてしまうようです。最も近いのは家族、それから心配してくれる友達……
太宰治曰く、諸悪の根源は家庭の幸福。
しかし、自分の家庭も幸福に出来ないような人間に、世界を語る資格があるのでしょうか。
あるいは、自らの家庭の幸福を顧みないからこそ、世界について語れるのでしょうか。

ここにいたって、ただの薄っぺらな言葉の遊び、ほとんどペテンである。
しかし嘘はひとつも語ってはいない。だから他人様を騙したわけでもない。問題は、他人様の勝手な善意の解釈に、心して応答しているうちに、いつしか自分自身を裏切っていく。

そういう場所は、きっとmixiだけではない、と読み返して思ったというだけのこと。
関連記事
プロフィール

urashachoo

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示