FC2ブログ

社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

怠惰な良心

 
玉泉洞は、1967年、愛媛大学の調査によってその奥部が明らかになった。つまり、あの戦争において、壕として使われた悲惨な歴史はないのだと聞いたことがある。変だな。「奥部」?「つまり」? どうも論理的に繋がらない。
真偽は、つまり、分からない。

「あの会社は悪い会社です」……

おい、コメントはそれだけかい。

たとえどんなにもっともなワケがあろうとも、俺は君にそのワケを聞くことは金輪際しないだろう。もはや、いい会社か悪い会社かの問題ではない。君から公平な情報が得られるとはどうしても思えなくなった。
たくさんの雇用を生み出している。君が逃げ出した場所では、君の友達がいまだに働いている。そして、どこよりも活気に満ちている……。

それが一面でしかないということはよく分かっている。だが、それが一面の真実であることも確かなのだ。会社に、100%いい会社など、あるわけはないのである。

永続的に利益を生み出す責任を追った者たちに、地獄行きの判決を下した13人の陪審員の中には、数人の怠惰な良心も加わっていた。
関連記事
ページナビ




ツリータグリスト

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示