FC2ブログ

社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

本当の話はいつだって

 
ぜいとは贅肉のぜい。
「いったい何のこと」
「だから」

殆ど寝てたくせにとは誰の事ですか。斜め前のおじさんさんたち、ふたり並んで、大口開けて。最後まで見てましたよ、確かにあなたは。あちらではずいぶんと気をお使いのようですが、そういうことなんですかね。「ハタキでもってハエを追っている」って、こっちではあ~た。

ああいうものかと思ったのです。でも何々ちゃんは真面目にね、「なんだあの歩き」って。
「確かに鉄人28号みたいだった」
どうやらトラブルメーカーみたいですね、聞くところによると。電子機器の変調はポルターガイスト。沖縄ですから、ありそうな話です。でもボク、好きだなあ。これ、本当の話。冗談じゃない、こんなのあたしじゃないと、自ら落ちたとは、もはやボク個人の伝説です。何々さんの先生なんでしょ、お会いしたいものです。

左から二番目の人が座りかけた。でもタイミング早かったみたい。
「まだですよ」っと。
だからまた立った。と、その右隣の人もつられて座りかけたが、二番目の人が立ったのでその人もそれに倣って…、てなことがあっちこっちで起こると、まるで六気筒エンジンのピストン運動にも似て。実際は知りません。ただボクは想像してひとりニヤニヤと。

「あの人、首動かないね」
「寝違えたんじゃないの」
あら、ずいぶんなことをサラリと。

ボクね、大好きなんですよ、片足上げてヒョコヒョコやるところがさ。上げない右足は屈伸運動。上げた左足の方は、男は膝の曲げ伸ばしとそれに合わせて足首も曲げたり伸ばしたり、女性はあんまり膝は使わず足首だけ。ところが足首のヒョコヒョコがないとこれがちっともかわいくない。ゲタ履いたママでやられちゃあ足踏みミシンか車のクラッチか、どっちも近頃見かけない代物だもんね。

ボクのガンチョー、曇ってますかね。
「しーらない」
「あ、きったねー」

だけどさあ、トリのど真ん中、なんであの人なの。受けてました。最後、あの人だけ上手にハケたら大スターだったのにねえ、惜しいことした。
「ジョーズ、じゃなくて、カミテ」

「見てた人が読んだらどうするの」
「いたら大喜びでしょ」
でも、いませんでしょそんな人。ただ、本当に楽しき話は、拡声器のない場所でされているということ、それが言いたかったのです。楽しき話ばかりではなく、本当の話はいつだって。
関連記事

Comment


プロフィール

urashachoo

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示