FC2ブログ

社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

昨日と少しだけ違う今日「おじいちゃん」のために君たちは

 
昨日と少しだけ違う今日。
ツイッターとやらで呟いた。

京都から一時帰って来ている娘は、友達と会う予定をキャンセル。
箱根に遊びに行った息子を電話で呼び戻した。
後3時間とどまってくれれば、みんなで見送れる。

親父、いい人生だったよな。

最悪な日本を見ずに逝けるのは幸せかなと言ったら、急遽駆けつけた医者が大きく頷いた。医療現場では明らかにおかしい色んなことが起きているらしい。

間もなく、かな……
(何が「間もなく」なのか…)

4時22分。
父は、自宅にて家族に看取られながら息を引き取りました。長らくご心配をお掛けしました。

どこまで呟いたことで、何を付け加えたのか、もう分からなくなった。

君たちが好きだった「おじいちゃん」は、これから49日かけてゆっくりとご先祖様になっていくのだが、君たちの父は、今まで一度も先祖のために何かをしたいと思ったことはないし、これからもそうだろうと思っている。そんな冷たいこの父のことを、子供たちよ、憎んでくれていいと、父は今、思っているのだ。

いつの日か父も死ぬ訳だが、死んだ父の墓に花を手向けてくれなくてもかまわない。ただひたすらに、君たちは君たちの人生を生きてくれればそれでいい。

だがひとつだけ、君たちの人生に注文をつけるなら、何があっても君たちは、親より早く死んではならない。それだけは切実に願う。もしその願いを先祖が叶えてくれるというなら、それが確かなことだと信じることができる時が来たならば、父は仏壇に向かって、いつまでもいつまでも手を合わせることだろう。

そうだからこそ僕は原発が、原発を生み出した人間たちが、どうしても許せないのである。その人間たちの中に、この父もいることが、堪えられないのである。そして、ああこれがなんとも厄介なのだが、死んだご先祖様の中にも、戦犯は確かにいるのだ。

でも…
でもさ…

君たちが、今日旅立った「おじいちゃん」のために、たくさんの線香を焚き、たくさんの涙で「おじいちゃん」の乾いた頬を濡らしてくれていることに、君たちの父は、密かに、密やかに、心から、本当に心から感謝をしているのだ。

でも…
でもさ…
関連記事

Comment


プロフィール

urashachoo

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。