社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

傾いた隊列の行進

 
ふた月ほど前のこと…
「知らず知らずスケープゴードが作られてしまう」
そんな話をしてみたのだが。

弁護するつもりはない。しかし小さな町、もう致命傷かもしれない。どうしてこんなことになったのか、どれもこれも憶測に過ぎないが、貧して鈍したのが発端に違いないと、僕はそう思っていた。

心から思う。切実に思う。
「子供には罪はない」
昔なら親は親、子は子、助けてくれるおせっかいがいた。しかし、今やそれは悪でさえあるらしい。親がダメだとその子供まで虐められるのか。子供たちに差し伸べる手などどこにもなく、陰からはいくつもの光った目が、ジッとこちらを伺っている。卑猥なヒソヒソ話。

当たり前と言う貴方たちは、ひたすらに悲しくないのかと問うてみるのだが。

子供たちとはとことん仲良くすると俺は言う。すると鬼になれと叱る「良心」とやら。
鬼というものを取り違えている…そう思ったが、黙っていた。

この小さな町の正しさは、目を覆うばかりの明るい正しさ。

それから積み重なっての今日。
みんなに嫌われているんだよ、ね、と、数少ない友だちが言う。
「なんで」
「貧乏だから」
それを黙って曇った表情が聞いている。虚ろが襲って来る。
「関係ないのに、かわいそうだよ」
子供たちの世界はひたすらに惨く。

種を撒いたのは大人。自分の子供たちの前で、その芽に水を遣るたくさんの親が、コクトーの子供たちを育てていく。
このおぞましく傾いた道徳は、あの狂った宰相と無関係ではないと、俺は確信している。傾いた隊列の行進。兵士のだれもがその傾きに気づかない。自分が兵士であることすら忘れてしまったくるみ割り人形たち。

insanus!
murderous ásetningi

俺はといえば、堆く積まれたラテン語で書かれた古書のある部屋から、子供たちを置き去りにしたその光景を、強烈な目眩とともに眺めていた。
関連記事

Comment


プロフィール

urashachoo

Author:urashachoo
FC2ブログへようこそ!





ツリータグリスト

カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。