FC2ブログ

社長とは呼ばないで(裏M.A.P.)

RSS     Archives
 

曖昧な日もある、という話

 
例えば政治家は「国益」とか言う。国家を守るためにと。ただそんな施政者たちの尤もらしい言葉を、革新的な運動家たちは信じていない。実はそれこそが問題なのだ。いったんともかく信じてみればいいのにと思うのだが、ともかく政治家は、確かに国のためという理由でもって国家の構成員たちを壊していく。どうやらそのことは事実らしい。その中で、いまだ壊されていない者たちは、だから自分たちを壊そうとする国家に対して決然と闘いを挑み、その国家を崩壊させて新たな国家を構築しようとするのである。一方、すでに壊されてしまった人間たちは、もはや国家を壊すどころか、国家に立ち向かう力すら失っている。一番問題なのは、当のその壊れた人間たちが、そのことに気が付いていないということなのである。
さて、この文脈で、沖縄の独立を考えてみるとどうなるのか…

と、ここまで書いて、ひどくつまらなくなった。なぜつまらなくなったのか、つまらなくなった理由がつまらない場合、このままつまらなくなったことを続けているとろくなことにならないので、その時はつまらないことを考えるのをやめるに限るのである。

唐突だが…
Lisaは、国家は土地だと思うの、などと言い出す。当たり前のようだが、考えるとよくわからなかったりする。もしも本当に国家が土地ならば、この土地に新たな国を構築するとはいかなることなのか。これはきっと、罠だ。なんというか、ホントは罠ではないのに、それを罠だと思い込んでみると、俄然つまらないことが面白くなったりする。だから罠なのだが、その時は「革新的な運動家」のように視野狭窄に陥って、それでなかなか落ち着いているのだ。

つまり、そういう日もある、という話。

京都を襲った大地震、平家の怨霊の所為しなければ、民は何をしでかすかわからない危険な状態だった。そもそも、地霊を鎮めるというのが仕事だった琵琶法師に、平家の怨霊をこそ鎮めて乱れた民の心を整えるという役割を与えた源氏という「時の政府」。連想ゲームの始まりである。現代に連なる農業の話。
「農業は環境破壊さ」
土地に鍬を入れることは土地を傷つけることに他ならない。
「スローライフ? 笑わせちゃあいけない」
豊作を祝う歌は豊作を願う歌なのであり、その、いわば過去と未来の逆転は、Lisaが持ちこんだ「未来へのノスタルジー」に似ていると思えばなかなか面白い。
「これ、中沢新一風に言うならば、類化性能ってやつだ、きっと」
だいたい小さな悪いことを積み重ねて国家を守ろうとするのは別化性能だけで生きているつまらない連中で、そんな彼らは類化性能の効能というものを全く理解することができない。でもさ、でっかい悪さをするのは、類化性能人間なのだよ。
連想は、さらに原始共産制とベーシックインカムへ。

でも、昨夜はそこまで話すことはなかったのだ。
しかし、罠の彼方にある小宇宙の連なりが、このボクには確かに見えていたのである。狐火のように。

さてLisaは、本当に狐なのかどうか。
彼女の「日本」は曖昧。だが、その曖昧こそが、この小宇宙へ足を踏み入れることを容易にするかもしれない。だから、ちょいと彼女を、僕自身が抱えている闇へと、しばらく巻き込んでみたくなったのである。

だからさ
そんな日もあった
という話
関連記事

Comment


ページナビ




ツリータグリスト

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


来訪者

検索フォーム

RSSリンクの表示